よくある質問(FAQ)

よくある質問(Q&A)

  • 電話回線Q&A
  • 電話回線工事Q&A
  • 電話加入権の申し込みQ&A
  • 電話加入権Q&A
  • ネット回線・ひかり電話Q&A
  • 転送電話Q&A
  • フリーダイヤルQ&A
  • 番号追加/ダイヤルインQ&A

電話回線Q&A

県内・県外・携帯電話に電話する機会が多いのですが通話料を下げられませんか?

長距離の通話が多い場合には、直収型電話サービスやIP電話を選べば通話料金がお得になります。料金は全国一律ですので、時間や距離を気にせずに通話できます。

会社の拠点間での通話を定額にするプランはありませんか?

KDDIメタルプラス」などのプランを使用すれば、拠点間での通話を定額制にすることが可能です。頻繁に通話する場合でも大幅にコストを削減できます。詳しくはご相談ください。

外出中の従業員への通話を安くする方法はありませんか?

おとくライン」などを選ぶことで、会社の固定電話と従業員の携帯電話への通話を24時間無料にすることができます。詳しくはご相談ください。

基本料金が高すぎるのですが、削減する方法はありませんか?

基本料金を削減したいので、「ひかり電話」をおすすめします。光ファイバーを引く必要がありますが、月額500円から利用できます。

手間をかけずに通話料を削減する方法はありませんか?

手続きの手間をかけずに通話料を削減したいなら、「マイライン」をおすすめします。必要な手続きは、通話料金の支払い会社を変更するだけです。

ダイヤルイン/番号追加Q&A

「代表組」とはどんなサービスのことですか?

代表番号にかかってきた電話を、社内のどの電話機からでも取れるようにするサービスです。

電話機によって違う電話番号を振り分けるには回線を新しく契約する必要がありますか?

いいえ、ダイヤルイン追加番号で新しい電話番号を追加できますので、新規契約の必要はありません。

代表番号を使って同時に電話することはできませんか?

代表組サービスに申し込むことで、代表番号を複数の方が同時に利用できるようになります。

ISDN回線の導入にはどんな機器が必要ですか?

「ターミナルアダプタ」という機器が必要になります。通常はターミナルアダプタに19,500円/台の費用がかかりますが、当サイトでは0円からご案内できます。設定もお任せいただけますので、まずはお気軽にご相談ください。

転送電話Q&A

転送電話サービスにはどんな種類がありますか?

機能重視の転送電話サービスをはじめ、コストを重視したもの、スマートフォンを利用したものなど、さまざまな種類があります。具体的なサービス内容についてはお問い合わせください。

外出が多く、転送料金が高くて困っているのですが、削減できませんか?

携帯電話へ転送することが多いのであれば、携帯電話への転送料金を無料にするサービスの導入をおすすめします。毎月の転送料金が高額である方ほど、お得になるはずです。

ひかり電話と組み合わせてお得に使える転送サービスはありませんか?

ひかり電話と組み合わせるのであれば、「ホワイトワープ」という転送サービスをおすすめします。携帯電話のBluetooth機能を利用して転送料金を無料にできます。

外出先から会社の電話番号で電話をかけることはできませんか?

可能です。「2waySmart」を導入していただくことで、外出先からでも会社の電話番号での発信ができます。また、会社の電話番号にかかってきた電話の着信を受けることもできます。

転送設定を外出先で行うことはできますか?

はい、できます。遠隔地からでも転送できます。また、ON・OFFや転送先の変更も可能です。

フリーダイヤルQ&A

フリーダイヤルとはどのような仕組みのサービスですか?

お客様からかかってきた電話の通話料金を、自社で負担するサービスです。お客様は無料で通話できますが、自社では距離と時間に応じた料金が発生します。

フリーダイヤルの番号は発信でも使えますか?

はい、可能です。ただし、事前の申し込みが必要になります。また、ビジネスフォンをご利用であれば、設定工事が必要になる場合もあります。

フリーダイヤルの番号は選べますか?

はい、当サイトからお出しする番号候補の中からお選びいただけます。ご希望の番号がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話加入権Q&A

「電話加入権」とは何ですか?

正式には「施設設置負担金」という名称で、NTT東日本・NTT西日本が提供している電話回線網を使用するための費用です。もともとは、NTTのインフラ整備を行うための費用を利用者が負担し、電話回線網を広げていくために作られました。

このサイトで取得できるのはNTT窓口で販売している電話加入権とは別ですか?

いいえ、NTTで販売しているものと同じ電話加入権です。

このサイトで依頼すると電話加入権が不要なのはなぜですか?

電話回線を引く場合、従来は電話加入権が必須でしたが、現在は電話加入権なしでも電話回線の手配が可能になったからです。

電話加入権の申し込みQ&A

電話加入権の申し込みに必要な書類などはありますか?

はい、あります。法人の方なら「登記簿謄本」「身分証明書」「申込書」が必要です。また、個人であれば、「身分証明書」「申込書」が必要になります。

外国人でも申し込みはできますか?

はい、できます。ただし、外国人登録証明書とパスポートが必要になりますので、事前にご用意ください。

電話が使えるようになるのは申し込みから何日後くらいですか?

最短で○日後になります。できる限り早く使用できるよう、スピード対応させていただきます。

電話を新設する際は、番号は自分で選べるのでしょうか?

はい、選べます。当サイトでは、数パターンの候補をお出しして、その中から選んでいただいています。もしその中に希望の番号がない場合は、再度候補をお出しすることもできます。希望の番号がありましたら、お気軽にご相談ください。

引っ越し後に今まで使っていた電話番号はそのまま使用できますか?

はい、そのまま使えます。ただし、引っ越し先によっては電話番号が変わる場合もありますので、まずはお問い合わせください。

休止中の電話加入権を持っているのですが、あとはどんな手続きが必要ですか?

休止している電話加入権を復活させるための手続きが必要です。

直接ご相談したいのですが、可能ですか?

はい、お電話での対応だけでは不安な方には、訪問対応も行っています。ただし、エリアによっては対応できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

電話回線の設置以外にも依頼できることはありますか?

インターネットの手配から、ビジネスフォン・コピー機・法人用携帯電話の導入、さらにホームページ制作やアスクルなどのサービスを扱っております。

フリーダイヤルでも取得できますか?

はい、取得できます。まずは、0120番号や0088番号を取得するための手配が必要です。

電話回線工事Q&A

電話回線工事の費用は高額なのでしょうか?

当サイトからお申し込みいただく場合、内容によっては工事代金がかからないこともあります。詳しくはお問い合わせください。

電話回線工事には立ち会わないといけませんか?

環境によって異なります。建物内にすでに電話回線環境が整っている場合は立ち会いは必要ありません。電話回線環境が整っていない場合は立ち会いをお願いいたします。

電話回線工事にはどれくらいの時間がかかりますか?

建物によっても異なりますが、おおよそ30~60分です。

エリアによっては工事できないこともありますか?

基本的には日本全国に対応しています。ただし、建物などによっては工事ができない場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

工事の日程はこちらで選べるのでしょうか?

はい、工事の日程は選べます。月曜日~金曜日で、時間は以下の枠からお選びいただきます。

  • 9時~12時
  • 13時~15時
  • 15時~17時

平日に時間が取れないのですが、土日・祝日でも工事はできますか?

基本的には平日のみで承っていますが、必要に応じて土日・祝日でも対応しています。土日・祝日をご希望の方はご相談ください。

工事の立ち会いが難しいのですが、どうすればいいですか?

工事を行う時間帯はお客様に選んでいただけますので、外出が多い場合でも空いている時間に設定できます。また、立ち会いはお申込み者ご本人でなくてもかまいません。

ネット回線・ひかり電話Q&A

ADSL回線とはどういうものですか?

電話線を利用してデータ通信を高速で行える回線です。一般の加入電話に使用される電話線を使います。

ISDN回線とはどういうものですか?

1回線につき、2回線を同時に利用できるようになるデジタル回線です。1回線を電話とFAXに分けて同時に使うこともできます。

光回線とはどういうものですか?

光ファイバーのケーブルを使ってデータ通信を行う回線です。超高速かつ高品質のインターネット接続が可能になります。

ADSL・ISDN・光電話は、日本全国どこでも利用できますか?

いいえ、回線によっては一部対応できないエリアもあります。詳しくはお問い合わせください。

ADSL・ISDN・光電話を導入するには、どれも工事が必要なのでしょうか?

はい、どれも工事が必要です。工事の立ち会いの有無は建物の環境によって異なります。

契約するプロバイダーは選べるのでしょうか?

はい、OCNやSo-net、plalaなどから自由に選べます。

ひかり電話と固定電話とはどんな違いがありますか?

ひかり電話はインターネット回線を使用したサービスなので、インターネット回線さえあれば安価で利用できます。それに対して固定電話はひかり電話よりも高額にはなるものの、電話専用の回線のため情報漏えいなどの心配もなく安心して利用できます。

ひかり電話からでもフリーダイヤルやIP電話にかけることはできますか?

はい、可能です。ただし、「0170」「ダイヤルQ2」「0990」などには発信できません。

 

 

電話番号スピード見積もり!お急ぎの方はこちら

0120-962-058 電話受付も24時間対応(携帯電話・PHSも可能)

お問い合わせ・お見積り