- 電話回線導入NAVI - http://denwakaisen-navi.jp -

KDDIメタルプラス

KDDIメタルプラス

KDDIメタルプラスとはKDDIの通信設備を使った直収電話の事です。
NTT東日本・NTT西日本の通信設備を経由しないので、基本料金と通話料金が安くなり、さらにauの携帯電話との通話も安くなります!

※2013年6月17日をもちまして「メタルプラス電話」の申し込み受付を終了致しました。

KDDIメタルプラスの仕組み

KDDIメタルプラスは中継電話会社を使わないので、通信コストがオトクに!

KDDIメタルプラスのメリット・デメリット

KDDIメタルプラスのメリット

  • NTTの通信設備を使わないため基本料金が安くです。
  • 通話料金もNTTの加入電話に比べてお得です。
  • auスマートフォン・auケータイとメタルプラスの請求書を1つにまとめることができます。

KDDIメタルプラスのデメリット

  • ADSLを使っている場合、プロバイダはKDDI指定で無ければ利用できません。
  • コレクトコール、伝言ダイヤルなどは使用できません。
  • 権利がないので相続・遺贈・譲渡はできません。

KDDIメタルプラスの料金

基本料金

KDDI
「メタルプラス電話」
NTT
加入電話
NTTライトプラン
(加入権不要タイプ)
ソフトバンクテレコム
おとくライン
アナログ回線
(3級)
2,400円2,500円2,750円2,350円
アナログ回線
(2級)
2,350円2,200円
アナログ回線
(1級)
2,300円2,050円
ISDN回線3,480円3,530円3,780円3,380円

※2005年10月20日KOOI発表、2004年10月1日NTT東日本・NTT西日本発表によるものです。
※アナログ回線の場合は、お客様の回線設置場所により取扱所が異なります。
※NTT加入電話は、ダイヤル回線利用時の料金です。
※「おとくライン」一律料金プラン、シンプルプランの場合、プッシュ電話サービスの月額基本料金および工事費は無料です。
※価格はすべて税抜価格となります。

基本料金についての特徴

NTT加入電話より基本料金は安いが、おとくラインより料金は高いです。携帯電話でauと組み合わせることでお得に利用することができます。NTTライトプランと比べると月額350円のコスト削減ができます。

通話料金

平日昼間 (8:00~19:00)メタルプラス電話 (全時間帯一律)
一般加入
電話向け通話
市内/3分8円
県内市外/3分 (20km超~60km以下)
県外/3分 (100km超)15円
国際電話/1分 (例: アメリカ本土あて)9円
携帯電話向け通話auあて/1分15.5円
NTTドコモあて/1分16円
ソフトバンクモバイルあて/1分
イー・モバイルあて/1分
PHS/1分10円
(別途10円/1通話)

通話料についての特徴

通話料金は距離に関係なく、全国固定電話宛の通話が一律3分8円で利用できます。携帯電話宛ではauの携帯電話にかけた場合1分/15.5円と他社キャリアに電話するよりもお得に利用できます。

KDDIメタルプラスのオプションサービス

複数回線割引複数回線を使用している場合、請求書を1つにまとめることで割引が適用されます。
KDDI回線への
電話は定額
月々3,000円で、KDDIの回線への電話が定額制になります。
上質な音声品質KDDI独自のネットワークを使用することで、高い音声品質が実現します。
一般加入電話への
通話が格安
全国の一般加入電話への通話が全時間帯一律8円/3分と安価になります。

他の固定電話サービスを見る

他にも色んな固定電話サービスがあります!

  • おとくライン [1]
  • ひかり電話 [2]
  • NTT加入電話 [3]
  • マイライン [4]
  • auひかり [5]