おとくライン

おとくライン

おとくラインおとくラインとはソフトバンクの通信設備を使ってお客様同士を直接つなぐ直収型の電話サービスです。
NTT東日本・NTT西日本の通信設備を使わないので、基本料金、通話料金が安くてお得!
ソフトバンク携帯電話宛の通話料も安くておとくラインとソフトバンク携帯電話をセットで導入する法人の方が多いです。

おとくラインの仕組み

おとくラインは中継電話会社を使わないので、通信コストがオトクに!

おとくラインのメリット・デメリット

おとくラインのメリット

  • NTT東日本・NTT西日本の通信設備を通さないため、会社電話の基本料金が安くなります。
  • 現在契約しているNTT東日本・NTT西日本の電話番号をそのまま利用できます。(番号ポータビリティ)
  • 新規に固定電話を設置される場合、これまでのような電話加入権は不要です。
  • 110番(警察)・118番(海上保安)・119番(消防)の緊急特番への通話(通話料金は不要)や、発信者番号通知サービスなどの基本サービスは今までと変わらず利用できます。
  • 国際電話のかけ方も今までどおり「010-国番号-地域番号-相手先番号」で利用できます。

おとくラインのデメリット

  • Yahoo! BB以外のADSLは利用する事ができません 。
  • コレクトコール(106番、108番)、0180番号を利用するテレゴング等の一部のサービスが利用できません。
  • セキュリティーサービス、ガス会社等の遠隔監視サービスでご利用できない場合があります。

おとくラインの料金

基本料金

KDDI
「メタルプラス電話」
NTT
加入電話
NTTライトプラン
(加入権不要タイプ)
ソフトバンクテレコム
おとくライン
アナログ回線
(3級)
2,400円 2,500円
2,750円
2,350円
アナログ回線
(2級)
2,350円
2,200円
アナログ回線
(1級)
2,300円
2,050円
ISDN回線 3,480円
3,530円
3,780円
3,380円

※2005年10月20日KOOI発表、2004年10月1日NTT東日本・NTT西日本発表によるものです。
※アナログ回線の場合は、お客様の回線設置場所により取扱所が異なります。
※NTT加入電話は、ダイヤル回線利用時の料金です。
※「おとくライン」一律料金プラン、シンプルプランの場合、プッシュ電話サービスの月額基本料金および工事費は無料です。
※価格はすべて税抜価格となります。

基本料金についての特徴

おとくラインは他社のアナログ回線、ISDN回線の月額料金で比較すると安く利用することができ、 1回線の契約で2着信まで利用することができるISDN回線で月額基本料が3.380円(税抜)です。
アナログ回線であれば2,050円(税抜)~で利用できます。

通話料金

3分間通話
料金比較
NTT
通常料金
※割引率の基準値
NTT
コミュニケーションズ
「プラチナライン」
おとくライン
一律料金プラン
NTT
通常料金からの
割引率
市内 8.5円 8円 7.9円 7%コストダウン!
市外 20~40円 60.5%~80%コストダウン!
県外 20円~80円 15円 60.5%~90%コストダウン!
携帯 70~120円 48円
※0033発信時のみ
0~48円 31.5%~100%コストダウン!

※2005年10月20日KOOI発表、2004年10月1日NTT東日本・NTT西日本発表によるものです。
※アナログ回線の場合は、お客様の回線設置場所により取扱所が異なります。
※NTT加入電話は、ダイヤル回線利用時の料金です。
※「おとくライン」一律料金プラン、シンプルプランの場合、プッシュ電話サービスの月額基本料金および工事費は無料です。
※価格はすべて税抜価格となります。

通話料金についての特徴

おとくラインなら固定電話宛の通話料金が全国一律3分7.9円(税抜)でかけることができます。
NTTの加入電話と比べると最大90%OFFになるので断然おとくです。
また携帯電話宛も通話料金も安く、一番お得なのがソフトバンク携帯宛の通話料金が驚きの金額で利用するこができます。

他の固定電話サービスを見る

他にも色んな固定電話サービスがあります!

  • マイライン
  • ひかり電話
  • 加入電話
  • KDDIメタルプラス
  • auひかり

 

電話番号スピード見積もり!お急ぎの方はこちら

0120-962-058 電話受付も24時間対応(携帯電話・PHSも可能)

お問い合わせ・お見積り